1. ホーム

肩こり解消飲み薬はどれを選べばいい?



肩こりがなくなれば毎日がもっと快適になるのに!

もみほぐしても押しても一時しのぎにしかならない慢性的な肩こりはとってもやっかい。

そんな中、飲むだけで肩こりを解消させる飲み薬の存在が、今注目を集めていますね。

激痛じゃないけどジワジワと痛んでストレスがたまる…


  • 猫背気味?姿勢が整っているかが自覚できない
  • 肩こり時に動悸もでてくる
  • 湿布や塗り薬など外側からの治療法が効かない
  • 肩こり時に頭も痛くなる

こんな肩こり経験をされている人に参考になれば幸いです

肩こり飲み薬は病院で処方される薬以外にも、市販や通販で手軽に注文できてしまう時代になりました、そんな肩こり解消の飲み薬をおすすめ順にランキングしています。

【市販/通販】肩こりに効く飲み薬ランキング


ロスミンローヤル
肩こり×肌荒れ解消で女性に人気

コリホグス
CMでおなじみ小林製薬の肩こり用飲み薬

アリナミンEXゴールド
眼精疲労にも効くビタミン補給錠剤
第3類医薬品第2類医薬品第3類医薬品
【粒数/価格】
270粒
1900円~
1日63円~
【粒数/価格】
16粒
1000円~
1日125円~
【粒数/価格】
45粒
3000円~
1日200円~
公式HP公式HP公式HP
肩こりも肌荒れも!よくばりをかなえるお薬
ロスミンローヤル
4.8
メーカーアインズファーマシー
お試し価格1,900円(270錠入)
注文通販限定
副作用Lv低(第3類)
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは9種の生薬成分と13種類の有効成分で血行不良のこりを改善させる飲み薬です。

血行促進に絶大な効果があるといわれる漢方の生薬がメインで、医薬品の中では副作用のリスクが極めて少なく、手軽さと効果の高さで人気を集めています。

また、ロスミンローヤル独自の成分配合で「国内で唯一シミと小じわにも有効な医薬品」として、20代~60代の幅広い年齢層の女性から圧倒的な支持を得ています。

肩こり解消の実績も多く、女性本来の透明肌をよみがえらせるダブルの効果が魅力です。

コリホグス
緊急用!即効肩こり解消のお手伝い
コリホグス
4.5
メーカー小林製薬
お試し価格1,000円(16錠入)
注文市販/通販
副作用Lv中~高(第2類)

コリホグスは小林製薬の肩こり解消飲み薬、第2類医薬品のため本来は薬剤師の立ち合いが推奨されていますが、現在はアマゾンなど通販で手軽に買うこともできます。

痛み止め成分と筋肉弛緩成分を配合しているため、硬直した筋肉をゆるめてほぐすパワーが極めて強いのが特徴ですが、その反面、副作用や依存症になる可能性も高くなるため、使用には注意が必要な飲み薬です。

即効性が高い分、飲みすぎるとリスクもあるため、ここ一番のシーン用に常備しておきたいお薬です。

アリナミンEXゴールド
ビタミン補給でイキイキした毎日
アリナミンEXゴールド
4
メーカータケダ
お試し価格3,000円(45錠入)
注文市販/通販
副作用Lv低(第3類)

タケダのアリナミンEXゴールドはアリナミンシリーズの中で最も肩こりに有効とされる成分が凝縮された飲み薬です。

極端な疲れからくる眼精疲労や腰痛に特化したビタミンB1誘導体や、血液循環を改善させる天然型ビタミンEなどが肩や首のこりを緩めてほぐします。女性には嬉しい葉酸も配合しています。

昔からあるなじみの深いビタミン剤。安全面はピカイチで葉酸も摂れる女性向きのお薬です。


4
ナボリンS
ナボリンS
3.5
メーカーエーザイ
お試し価格1580円(21錠入)
注文市販/通販
副作用Lv低(第3類)

ナボリンSは、末梢神経のダメージ部分を修復することにより眼精疲労、肩コリ、腰痛を緩和します。

筋肉疲労や血行不良を改善します。メコバラミン(活性型ビタミンB12)とそれを強化する葉酸を配合することによって、揉んでもらっても効かないコリに作用します。

肩の奥に潜む痛みの原因にアプローチできるビタミンを配合。肩に違和感が続く人におすすめ。

5
キューピーコーワ iプラス
キューピーコーワ iプラス
3
メーカー興和
お試し価格1200円(27錠入)
注文市販/通販
副作用Lv低(第3類)

キューピーコーワ iプラスは、パソコンやスマホが原因の眼精疲労からくる肩こりに効果を発揮します。

3種のビタミンとヘプロニカート(血流促進成分)により、ダメージを受けた眼を癒し、7つの有効成分が眼の疲れや肩こりに作用します。筋肉痛や関節痛、手足のしびれも緩和してくれます。

主にデスクワークが続く人に効果的な成分が豊富です。仕事始めに飲んで活力をつけたい人向け。

6
シジラック
シジラック
2.8
メーカー小林製薬
お試し価格1500円(84錠入)
注文市販/通販
副作用Lv中~高(第2類)

シジラックは、四十肩、五十肩などの腕があがらない、痛いという症状を身体の中から治す漢方薬です。

四十肩、五十肩は「肩関節周囲炎」と言われ、ケガなどをしていなくても腕をあげるのが辛くなる等の症状が出る疾患です。このシジラックは急性の痛みやこわばりに有効な9種類の生薬を配合している漢方です。寝違えの症状にも効きます。

肩こりに加えて、普段から筋肉痛になりやすいという人に相性の良いお薬です。飲みすぎに注意!

7
アクテージSN錠
アクテージSN錠
2.5
メーカー武田薬品
お試し価格2980円(42錠入)
注文市販/通販
副作用Lv低(第3類)

アクテージSN錠は、5種類のビタミンとガンマーオリザノールを含む6つの有効成分により、コリや痛みの元に作用します。

血液の流れを良くし、抹消神経や筋肉に働きかけ、それぞれの機能を高めることにより、肩や首筋のコリと痛み、手足のしびれを緩和します。飲みやすい糖衣錠(においや味をコーティング)にしています。

ある程度の即効性を望めるお薬です。手にしびれが起きるほどだるい肩こりにおすすめ。

肩こりだけじゃない!腰痛・首こり…飲み薬別効果まとめ


肩こり用に飲んでいたらこんな効果もついてきた!

肩こり解消の飲み薬は「肩こりだけが治る薬」ではありません。筋弛緩や血流改善の効果により肩こり以外の様々なトラブルも改善することができます。

飲み薬によって効果の範囲は全く異なりますので、自身のトラブルに合ったものを選ぶといいでしょう。

今回はランキングの3アイテムそれぞれの効果効能をまとめてみました。

ロスミンローヤルコリホグスアリナミンEXゴールド
肩こり
腰痛
首こり
神経痛(偏頭痛)
眼精疲労
冷え性
むくみ
めまい
シミ
小じわ
にきび

肩こり解消飲み薬で改善できる「肩こり以外」の症状

腰痛

肩と同じく筋肉の硬直が原因で起こる腰痛も血流を改善することで解消することができます。

頭痛(偏頭痛)

血行不良による酸素不足が原因の偏頭痛であれば、血行を促進することで解消できます。

首こり

肩の周りにある首も肩こりと同時に起こりやすいため、肩こりの解消は首こりの解消につながります。

神経痛

脳に栄養がいきわたらなくなり手足にしびれが起こる神経痛も、血流改善の恩恵で解消することができます。

眼精疲労(目の疲れ)

末梢神経の修復に関与する成分が配合されていれば、目の疲れにも有効です。

冷え性

冷え性の主な原因は血行不良によるものなので、血流を改善すれば改善することができます。

むくみ

ビタミンEや生薬の力で代謝を促進させることで老廃物の排出をサポートし、むくみを解消させます。

めまい

肩こりが進行しすぎて起こる血流障害はめまいを引き起こしますが、血流を促進させる成分で緩和させることができます。

お肌のシミ(ロスミンローヤル限定)

ビタミンCやLシステインには、シミの原因となるメラニン色素をブロックするパワーがあります。

小じわ(ロスミンローヤル限定)

血流を改善させることにより、お肌の細胞レベルでめぐりを潤滑させてハリをよみがえらせます。

女性なら圧倒的におすすめ!ロスミンローヤル

血行不良による肩こりだと、様々な他のトラブルも引き起こされます。

中にはシミやしわ、冷え性やめまいなど女性を悩ませる厄介なものもあります。

これらのトラブルをまとめて一つの薬で対応したい場合は、ロスミンローヤルが圧倒的に有利ですね。

「ビタミン剤×漢方薬」のロスミンローヤルなら、血行不良のトラブルにより早くアプローチできるでしょう。

※1日当たり約63円というコスパの良さも魅力です。

肩が軽くなったうえに、いつの間にかお肌もきれいになっていた!

女性ならではのうれしい結果ですよね。

【即効性 VS 継続性】肩こりを解消させる飲み薬の選び方


ここぞというときだけ治す?継続的に治す?

肩こり用の飲み薬を分解してみると、どの薬にも血流の改善による「筋弛緩」の効果がある成分が配合されています。この成分の恩恵により肩や首や腰のこりが改善されるわけですが、

中には即効で肩の痛みが解消する飲み薬も存在します。

その正体は「筋弛緩」の効果と「痛み止め」の効果、両方の成分の配合です。肩こりはじわじわとくる痛みがストレスの元になりますが、まずはその痛みを消すことで即効性のあるこりほぐしを実現するわけです。

一見すると明らかに即効性のある飲み薬のほうが魅力的に感じますが、こちらは第2類医薬品と言って「副作用のリスクが高い医薬品」になります。

チェック! 即効性のある飲み薬
特徴…筋弛緩×痛み止めのダブル作用で肩こりを解消させる第2類医薬品
デメリット…眠気や吐き気が起きやすい、依存すると効果が落ちていく

チェック! それ以外の飲み薬
特徴…筋弛緩の作用で飲み続けるごとに肩こり解消の効果を発揮できる第3類医薬品
デメリット…健康食品ほどではないが即効性は劣る

肩こりの症状はどこまでひどいか?で選ぶ

どちらの飲み薬も一長一短があるため、万人におすすめできる飲み薬は定められません。このため「肩こりの症状は現在どこまでひどいか?」によって飲み薬を選ぶのが賢い選択になります。

体を動かすのに支障をきたすレベル

コリホグスのような即効性の高い第2類医薬品がおすすめです。ただし、服用する場合は極力安静に保つことと、時間があるのであれば病院で診てもらうことも必要です。

仕事などでストレスの原因となるレベル

ロスミンローヤルのような継続して効果を引き出す第3類医薬品がおすすめです。飲める体調の時は忘れず飲み続けるのがポイントです。

筋弛緩+痛み止めは価格も高いため「肩こり緊急時の助け舟」的な飲み薬になります。

肩こり解消飲み薬は病院の処方薬のほうが良い?


安い?手軽?効果あり?の処方箋はここに注意!

医師の許可なく市販での購入が禁止されている第1類~第2類の医薬品は、主に病院で診察されることが前提で処方されます。

口コミではこの処方薬の肩こり解消効果は絶大とうわさされていますが、「手軽に手に入る飲み薬」としては少し面倒なところもあります。病院でよく処方される飲み薬は以下の3点。

  • テルネリン錠1mg
  • ミオナール
  • デバス(抗不安薬)

これらは肩こり専用というわけではなく、抗ストレス効果や痛み止め効果なども期待できるため、処方されれば肩こりの改善に大きな戦力になるかもしれません。

ただし、処方箋のほうがいいことばかり、というわけでもありません。

チェック! 処方箋のデメリット

  • 診断によって処方されない場合もある
  • 誰でも服用できるわけではない
  • 副作用のリスクは高め

特に、どれだけ口コミで絶賛されている飲み薬でも診断結果によって処方される(適している)かどうかわからないというのは致命的。

病院で医師の判断に従うだけというのはある意味で手軽とも言えますが…

口コミを参考にして「これだ!」と思った処方箋を期待するのは避けたほうが良いかも。

タイプで選ぶ!おすすめの肩こり飲み薬


肩こり用のお薬は種類があるんです。自分に合った飲み薬はどれ?

肩こり程度で病院に行くのも気が引ける、病院に行く時間がない…そんなときに頼りになるのが、通販や市販で手軽に手に入る飲み薬です。

ところがいざ自分で選ぶとなると、種類が多くてどれを選べばいいのかわからないことも。ここでは、肩こり用の飲み薬をタイプ別に分けて紹介します。

  • 漢方薬タイプ
  • 筋弛緩特化タイプ
  • 血行促進タイプ

漢方薬タイプ

漢方薬タイプの飲み薬にはいろいろな生薬が配合されており、肩こりだけでなく、幅広い痛みに効くものや、美容効果のあるものもあります。じっくりとケアをしたい方におすすめです。

【ロスミンローヤル/ジジラックなど】

筋弛緩特化タイプ

筋肉の緊張を内側から緩め、コリ・痛みを緩和する薬です。筋肉に働きかけるので、肩だけでなく、首までの広範囲に有効です。肩こりが「痛い」と感じている方におすすめです。

【コリホグスなど】

血行促進タイプ

血行を促進することで抹消神経を修復し、痛みを改善していく薬です。肩こりと同時に、眼精疲労や冷え性でお悩みの方は、血行不良からくる肩こりの可能性があり、このタイプのお薬がおすすめです。

【ロスミンローヤル/アリナミンEXゴールド/ナボリンS/キューピーコーワ iプラス/アクテージSN錠など】

あなたの肩こりはどのタイプの飲み薬?

現代病ともいえる肩こりですが、たくさんの薬がありますので、ご自身の肩こりの症状に合わせたものを上手に選ぶといいでしょう。

なお、薬によっては眠くなるものもあります。

筋弛緩特化タイプを使用する際は副作用をチェック!お仕事や車の運転などに適さない場合があります。

【徹底比較】肩こりに飲み薬 VS 貼り薬/塗り薬


どれも効果があるけど、デメリットが存在します

肩こり解消の手段として、飲み薬のほかにパッと思いつくのが貼り薬や塗り薬になると思いますが、何が違うの?どっちの薬の方が肩こりに効果があるの?

ここでは飲み薬と貼り薬と塗り薬について、メリットとデメリットを比較しています。

一目でわかる!飲み薬との特徴比較

飲み薬貼り薬塗り薬
即効性
持続性
改善後は簡単に悪化しない
貼り直しが必要
塗り直しが必要
手軽さ
デメリット合わない場合の副作用外見
肌荒れ
臭いうつり
肌荒れ
臭いうつり

貼り薬や塗り薬の特徴

飲み薬と違って、直接患部に貼る/塗る方法なので、肩こり部分の皮膚に直接薬の成分を吸収させることができます。

ただし、皮膚の相性によっては肌荒れを起こしたり、独特のにおいが染みつくことが多く、周りに気づかれやすいケースもあります。

温湿布の場合

温めてほぐす効果のある温湿布は、慢性的な肩こりの筋弛緩に有効です。インドメタシンなどの痛み止めの効果がある成分も配合しているため今ある痛みを穏やかにします。

冷湿布の場合

俗にいうスーッとする湿布が冷湿布にあたります。肩こりの中でも炎症を起こして熱がある場合に特に有効です。

塗り薬の場合

肩こりや筋肉痛に有効な成分を配合しているものが多く、貼り薬よりも手軽に塗れるメリットがあります。

その一方で、湿布のように皮膚に密着させ続けることが難しいため効果の持続性については今一つです。

肩こりの症状によって使い分けて

どれも医薬品なので効果は期待できます。あとは時と場合です。

例えば、オフィスなど他の人と一緒にいる時間が長い場合には、塗り薬や貼り薬だと臭いに気づかれてしまう場合もありますので、飲み薬がおすすめです。

また、温感や冷感など「効いている感」がわかりやすいのは貼り薬や塗り薬になります。

反対に、皮膚が弱く肌荒れを起こしやすい場合は飲み薬の一択になると思います。

周りの目が気になる日中は飲み薬、徹底的にケアできそうな夜間は飲み薬+塗り薬や貼り薬がおすすめです。